適当にしてはいけない正しい鍋とフライパンのメンテナンス方法

メンテナンス方法を知ろう

正しい方法でメンテナンスする

メンテナンス方法を調べる時は、普段使っている鍋やフライパンの素材を知ってください。 素材ごとに、ふさわしいメンテナンス方法があります。 温度変化に弱い素材の場合は、急激に冷やすことはしないでください。 熱かったのに、急に冷水で冷やすと状態が悪くなってしまいます。

購入したらすぐしなければいけない

新しい鍋やフライパンを買って、すぐ料理に使用しないでください。 空焼きや、油慣らしという工程をしましょう。 きちんと済ませることで、耐久性を高めることができます。 これまでの鍋やフライパンがすぐダメになってしまった人は、空焼きなどをしていないことが原因でしょう。

雑に扱うとすぐ壊れる

鍋やフライパンを扱う時は、優しく扱うことを心がけてください。 特に洗う時は、強い力を入れて擦らないでください。 汚れと一緒に、コーティングも落ちてしまいます。 するとサビや、汚れがつきやすくなってしまいます。 優しく洗えば、綺麗な状態が長持ちするでしょう。

温度変化に弱い素材の場合

料理をする時に、鍋やフライパンの存在は欠かせません。
毎日使用するものだからこそ、正しいメンテナンスを知ってください。
これまでは適当に洗っていた人がいるでしょう。
しかし、メンテナンスが適当だとすぐ状態が悪くなって、使えなくなってしまいます。
急激な温度変化に弱いフライパンは、使い終わっていきなり冷水につけるのは控えてください。
冷めてから、お湯で洗いましょう。
また洗う前に、キッチンペーパーで油をふき取るのがおすすめです。

使用する前に、しっかり手入れをすることで長持ちさせることができます。
鉄のフライパンを購入したら、空焼きと油慣らしをしてください。
その2つをすることで、これから焦げや汚れがつきにくくなります。
料理をしたあとは、簡単に洗い流せるので必ずしなければいけません。
間違った空焼きや油慣らしでは、逆に状態が悪くなります。
これまでにやったことがない人は、正しい方法を調べてから実践しましょう。

洗う時は、柔らかいスポンジであらうことが重要です。
それはどのような素材の鍋やフライパンにも、言えることです。
汚れがこびりついて取れない場合は、固いタワシでいつも擦っている人がいます。
すると確かに焦げや汚れが落ちるかもしれませんが、鍋やフライパンを傷つけてしまいます。
柔らかいスポンジで洗えば、傷つく心配はありません。
どうしても汚れが落ちない場合は、お湯につけておくのがおすすめです。
すると汚れが、落ちやすくなります。