メンテナンス方法を知ろう

雑に扱うとすぐ壊れる

軽い力で洗うことを徹底しよう

汚れがこびりついている時は、つい力を入れてしまう人が見られます。
すると焦げや汚れを落とすことはできますが、鍋やフライパンについているコーティングも落ちます。
コーティングされていることで、汚れがつくのを防いだり、傷つくのを回避できます。
強く擦ってコーティングが剥がれると、すぐに状態がダメになってしまいます。

金属製のタワシで擦ると、コーティングが剥がれやすくなると言われています。
柔らかいスポンジで洗えば、すぐコーティングが剥がれることはないでしょう。
また柔らかいスポンジを使っていても、力を入れて擦ると傷つきます。
あまり力は入れないでください。
いつも鍋やフライパンを丁寧に扱うことが、長持ちさせるポイントです。

お湯につけておこう

どうしても柔らかいスポンジだけでは、汚れを落とすことができないかもしれません。
その場合は、お湯につけておきましょう。
鍋やフライパンにお湯を入れることで、汚れが浮き上がってきます。
ですから柔らかいスポンジでも、すぐに汚れを落とすことができるでしょう。
無理に擦らないで、時間を掛けてメンテナンスをしてください。

洗剤を溶かした、お湯を使うのも効果的です。
ただのお湯よりも、汚れを落としやすくなります。
30分ぐらいお湯につけておくと大丈夫でしょう。
朝は忙しくて、フライパンなどを洗っている時間がないかもしれませんね。
しかし、汚れを放置していると落とせなくなります。
時間を確保して、鍋やフライパンのメンテナンスをしてください。


この記事をシェアする