メンテナンス方法を知ろう

購入したらすぐしなければいけない

空焼きを済ませておく

鉄の鍋やフライパンを買ったら、空焼きをしなければいけません。
空焼きをすることで、強度が増します。
特に難しい作業ではありません。
購入したらすぐ、火にかけるだけで大丈夫です。
その時は油を入れないでください。
何も鍋やフライパンに入れない状態で火にかけることで、油なじみが良くなります。

料理をしやすくなりますし、今後のメンテナンスが楽になるのでおすすめです。
新しく鍋やフライパンを買ったら、長持ちできるよう対策を済ませておきましょう。
高温で焼くのがポイントです。
ガスコンロは、高温になると火が消えてしまうものがあります。
その場合は、ガスバーナーを使って空焼きをしましょう。
鍋やフライパンの表面を、思いきり焼いてください。

油慣らしの方法とは

空焼きを済ませたら、今度は油を入れてもう1度火にかけてください。
その工程を、油慣らしを呼んでいます。
油慣らしを済ませておくと、汚れがつきにくくなります。
万が一汚れたとしても、軽く擦るだけで落とせるでしょう。
メンテナンスが楽になるので、油慣らしを忘れないでください。
油を鍋やフライパンにいれて、5分ほど加熱します。

油慣らしをする際は、料理に使った油でも構いません。
揚げ物を1回しただけの場合は、油を捨てるのがもったいないですよね。
保管して、鍋やフライパンを新しく購入した時に使ってください。
油慣らしをするためだけに、新品の油を使うのは無駄だと思います。
使用済みの油でも、鍋やフライパンをする強化するのに使えます。


この記事をシェアする