メンテナンス方法を知ろう

正しい方法でメンテナンスする

いきなり冷水につけるのはダメ

鍋やフライパンを使い終わったら、すぐ冷水につける人が見られます。
温度変化に強い素材なら、それでも大丈夫です。
しかしほとんどの鍋やフライパンは、温度変化に弱いと思ってください。
そんなことを繰り返していると、購入して1年未満で買い替えなければいけない状態になります。
使い終わったら、冷めるまで待ってください。

ただ待っているだけでは時間がもったいないので、残っている油を拭き取りましょう。
油が残っていると、汚れがこびりつく原因になります。
鍋やフライパンが熱い状態でも、キッチンペーパーを使えば油を綺麗に拭き取ることができます。
使い終わったらすぐに油を拭き取ることで、鍋やフライパンにダメージを与えることを回避できます。

お湯で洗うのが良い方法

冷めてからも、冷水で鍋やフライパンを洗うのは避けてください。
冷たい水より、温かいお湯の方が汚れを落とすことができます。
ですから、ぬるま湯がちょうど良いと言われています。
丁寧に洗ったら、すぐ乾いた付近で水分を拭き取ってください。
鍋やフライパンを洗ったら、知是乾燥させている人がいるのではないでしょうか。
しかし水分が残っていると、サビがつく原因になります。

しっかり水分を拭き取ったら、メンテナンスが終了です。
面倒な手間ではないので、毎日この決まりを守ってください。
すぐに鍋やフライパンを買い替えていると、費用が掛かります。
またお気に入りの鍋やフライパンが使えなくなったらショックですよね。
綺麗な状態を維持しましょう。


この記事をシェアする